ロータリーエンジン

| トラックバック(0)
マツダ!
と言えばロータリーエンジン

っていうのは、もう古いんでしょうね。

でも、不可能に挑戦してそして、成功させて、
それでもって、唯一無二に近いものを創り出したのが
マツダという企業ですからね。

だから、モーターファンはそういうものにあこがれるわけなんですよねぇ。

そのマツダからロータリーエンジン搭載車がなくなってから
かなりの年月がたっています。

まぁ現代の環境基準にはまったく適合していないので、
しかたないとは思うんですけどね。
でも、やっぱりさみしいものはあります。

いまのマツダといえば、ロータリーエンジンというよりは
ディーゼルとかHCCPだったかな。
そのエンジンの企業ですからね。
すごいよねぇ。

ロータリーがだめでも、ディーゼルや究極のガソリンエンジンの量産を目指す。

そういう技術者の気概っていうんですかね。
それが、マツダっていう企業のファンを生み出すんでしょうねぇ。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.ecwanderson.com/mt-tb.cgi/91

このブログ記事について

このページは、morimoriが2018年3月12日 09:09に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「寒暖差があるけど」です。

次のブログ記事は「老人様」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。